ピル処方・避妊

計画的に避妊をしたい、月経痛によるつらい症状を訴えている方につきまして、ピル処方を行っております。お気軽にご相談ください。
ピルには、継続的に内服を行う、低用量ピル(OC:)と妊娠の不安のある性交渉があった時に内服するアフターピル(緊急避妊ピル)があります。また避妊を目的に子宮内デバイスであるミレーナを挿入する避妊法もあります。

低用量ピル

エストロゲンとプロゲステロンの2種類が組み合わさったものです。日本では1999年に低用量ピルが承認されました。それまでは高用量もしくは中用量ピルが用いられました。これらを使用する場合、血栓症や心筋梗塞など重度な病気の発症リスクがありました。低用量ピルは、そのようなリスクをできるだけ低減させるべくホルモンの配合量を減らし、避妊の効果も保てる量で開発された経口避妊薬になります。

服用方法ですが、毎日1錠を決まった時間に飲むようにしてください。避妊目的であれば、飲み始めて1週間ほどで避妊効果が現れます。飲み始めるタイミングについては、月経開始から5日以内が望ましいです。飲み忘れに関しては、1日程度であれば次の日に2錠を服用すれば問題ないとされています。2日以上飲み忘れると避妊効果が弱まるので、確実に避妊をしたい場合は、実薬を7日連続服用してからにするか、その間は避妊具を使用するなどの対策が必要です。

また低用量ピルは、単に避妊効果を目的として使用するだけでなく、月経困難症や月経前症候群の改善、子宮体がんや卵巣がんなどの発生リスクを減少させる効果もあるので、それらを目的としても使用されます。

副作用について、開始してしばらくの間は、不正出血や悪心などの症状がみられることがあります。また服用し続けることで、血栓症、心筋梗塞、脳梗塞等の脳血管障害などの病気を少なからず発症させるリスクがあり得ます。このことから服用中は、定期的に検査をする必要があります。

アフターピル(緊急避妊ピル)

避妊をせずに性行為をした、もしくは避妊具が破れる(コンドーム)といったことで、避妊に不安がある際に使用するのがアフターピル(緊急避妊ピル)です。この場合、避妊に不安がある性交から72時間以内に服用しなくてはなりません。

なお医師の指示通りに服用したとしても、妊娠の可能性が0になるということはありません。ちなみに72時間以内に服用した場合の妊娠阻止率は84%と言われています。なお、妊娠の有無については、次の月経が予定通り来るかどうかで判明します。そのため、月経予定日から1週間が経過しても、まだ月経が来ない場合は再度ご受診されるようにしてください。

副作用に関して、これまでに、不正出血、下腹部痛、頭痛、嘔吐・吐き気、倦怠感などの症状が報告されています。ただ継続的に服用するわけではないので、これらの症状の大半は一時的なものです。

044-872-7576
院長
町田 綾乃
診療内容
婦人科・産科・美容外来
住所
〒216-0007
神奈川県川崎市宮前区小台2-5-1
ティモネ宮前平3F
最寄駅
東急田園都市線「宮前平駅」南口徒歩1分
休診日
木曜・土曜午後・日曜・祝日
受付時間
平日:午前は12:00まで、午後は17:00まで
土曜日:12:30まで
9:00~13:00
  • 受付開始時間は診療開始の5分前です。
  • お電話での問い合わせは診療時間内にお願いします(診療時間外の電話対応は出来かねます)。
  • 外来診療中は、混雑のため電話対応が難しい状況もございます。ご配慮をお願いします。
  • WEB予約、LINE予約が可能な方は、予約に関する電話でのお問い合わせをお控えいただくようお願いします。
  • 当院はレディースクリニックとなりますので、成人の男性の付き添いはご遠慮ください。
  • 介助が必要な方、未成年の方の付き添い、外国籍で通訳が必要な方(このケースでは診察時以外はクリニック外でお待ちください)は例外となります。
  • いずれの場合でも、受診の前に必ずお電話にてご相談下さい。また、付き添いされる方は基本的には患者さんの診察までは外でお待ちいただきますようご協力お願いします。
  • 待合スペースに限りがありますので、成人されている患者さんのご家族の付き添いは、できる限りお控え下さい。
  • ご年配の方で、web予約が難しい方は電話にてご相談下さい
診療時間 日祝
9:30〜12:30
14:00〜17:30
TOPへ