エムセラ・尿失禁

尿失禁

尿の排出を自らの意思でコントロールできずに漏出してしまう状態を尿失禁と言います。
尿失禁には種類がいくつかあります。その中でも女性に多く見受けられるのが腹圧性尿失禁です。これは、重い荷物を持ち上げる、運動(走る、ジャンプ等)をする、咳・くしゃみなど腹部に力を入れる際に尿が漏れるというものです。原因は、妊娠・出産、加齢、肥満などによる骨盤底筋(膀胱、直腸、子宮を支える筋肉)の衰えとされ、これによって尿道を閉める力が弱ることで起きると言われています。

また急に尿意を催して、我慢できずに漏らすということもあります。これを切迫性尿失禁と言います。女性の尿失禁では腹圧性に次いで多く、脳血管障害、過活動膀胱、骨盤臓器脱などによって膀胱が過敏状態となって、耐えきれずに尿が漏れてしまうというものです。

治療は、腹圧性尿失禁であれば骨盤底筋を鍛える(骨盤底筋体操)、薬物療法として、膀胱を緩めて尿道を閉める働きなどをする薬剤などを使用します。重症な場合は手術療法(尿道スリング手術)となります。切迫性尿失禁は主に原疾患の治療が主になります。

当院では、尿失禁や性機能障害の治療にエムセラを導入しております。

エムセラのサイトへ

エムセラ

加齢、出産、閉経が原因で、骨盤臓器を支えている骨盤底筋が徐々に弱り、尿失禁や性機能障害をもたらします。エムセラは、高密度焦点式電磁波を用い、骨盤底筋を強化する治療法です。

こんな症状にお悩みの方

  • 産後や加齢による尿漏れ
  • 骨盤底筋体操を勧められたが、時間がなくてできない、続かない
  • 腟のゆるみが気になる
  • 入浴後、腟からお湯が漏れる
  • 子宮が下がっている気がする
  • 性的満足度が低下している

エムセラの特徴

  • 約30分、服を着たまま治療できます。
  • ダウンタイムがなく、治療後は通常通りの生活を送っていただけます。
  • 骨盤底筋の体操をする煩わしさがありません。
  • メスを使わないため痛みがなく、体に対しての負担がありません。
  • 1クール6回の治療で、1回目から症状の改善が実感できる方もいらっしゃいます。
  • 海外の治療報効果の報告では、尿漏れが改善した方が95%、性的満足度の向上を実感した方が85%、尿漏れパットの使用数が75%減少したと報告されています。

頻度は1週間に1-2回間隔で計6回の治療を行ったのち、数ヶ月おきに定期的に治療を行うと効果的です。

治療が受けられない方

  • 妊娠中の方
  • 産後1ヶ月以内の方
  • 体内にペースメーカーが入っている方
  • 生理中の方
  • インプラントを装着している方
  • 膣内に避妊リングが入っている方(要相談)
044-872-7576
院長
町田 綾乃
診療内容
婦人科・産科・美容外来
住所
〒216-0007
神奈川県川崎市宮前区小台2-5-1
ティモネ宮前平3F
最寄駅
東急田園都市線「宮前平駅」南口徒歩1分
休診日
木曜・土曜午後・日曜・祝日
受付時間
平日:午前は12:00まで、午後は17:00まで
土曜日:12:30まで
9:00~13:00
  • 受付開始時間は診療開始の5分前です。
  • お電話での問い合わせは診療時間内にお願いします(診療時間外の電話対応は出来かねます)。
  • 外来診療中は、混雑のため電話対応が難しい状況もございます。ご配慮をお願いします。
  • WEB予約、LINE予約が可能な方は、予約に関する電話でのお問い合わせをお控えいただくようお願いします。
  • 当院はレディースクリニックとなりますので、成人の男性の付き添いはご遠慮ください。
  • 介助が必要な方、未成年の方の付き添い、外国籍で通訳が必要な方(このケースでは診察時以外はクリニック外でお待ちください)は例外となります。
  • いずれの場合でも、受診の前に必ずお電話にてご相談下さい。また、付き添いされる方は基本的には患者さんの診察までは外でお待ちいただきますようご協力お願いします。
  • 待合スペースに限りがありますので、成人されている患者さんのご家族の付き添いは、できる限りお控え下さい。
  • ご年配の方で、web予約が難しい方は電話にてご相談下さい
診療時間 日祝
9:30〜12:30
14:00〜17:30
TOPへ